PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク←はてブに登録



トピックイットに投稿する  PixNewsへ投稿  この記事のリンクをtwitterに投稿する

Yahoo!ブックマークに登録

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シュタゲプレイ日記16 ネタばれ注意 6章途中~鈴羽エンド

・シュタゲプレイ日記カテゴリ
・シュタゲプレイ日記15
・シュタゲプレイ日記17

再開~

去年の8月以来だからさっぱりだが
一応自分のプレイ日記を読み返してなんとなく状況理解w

外に顔面蒼白の鈴羽がちゃりんこでどこかへ

クリスに話していることを聞かれての展開

今までは6時半までブラウン管工房にいたはずの鈴羽

新しい展開に胸騒ぎを覚え追いかける凶真

駅前まで来たが見つからず、帰ろうとしたら人が騒いでいる・・・

ラジ館の人工衛星が光り回転している!?




ラジ館の中には鈴羽のMTB

8階まで駆け上がると人工衛星のハッチが開き、中にはやはり泣きそうな顔の鈴羽が


ハッチの中はシンプルで、計器の数字からどうやら1975年の8月13日に行こうとしてたようだ

ショートしていて動かないタイムマシン

凶真に詰め寄られ鈴羽がジョン・タイターであると告白


人々が騒いでいたためビルの反対側から脱出した2人

2000年のタイターは違う世界線の鈴羽かもしれない、と言う

今回の鈴羽は2036年からまっすぐきたらしい

鈴羽はまゆりが殺される運命なのを自分のせいだと思い飛ぼうとしたらしい

すべてを話すために栗栖が待つラボへ


ラボにはダルとまゆりが戻ってきていた

全員に事情を説明することに

人工衛星がタイムマシンであること
@ちゃんねるで書き込んでたのは自分である
2036年からタイムトラベルしてきたこと

2017年生まれなのか鈴羽、7年後かぁ・・・

ディストピアとは極端な管理社会で全体主義らしい

SERNが管理したディストピアとなった未来か

栗御飯とカメハメ派がクリスだったと明かしたwww

世界を支配しているのはSERNのバックにいる300人委員会

たった2年で世界を支配したSERN
その未来においてクリスはタイムマシンの母として崇敬されている
→鈴羽がクリスを恨むわけ

凶真は有名なテロリストw

2036年にはクリスは死んでる

多世界解釈はウソで、本当の世界構造は世界線と、世界線収束範囲(アトラクタフィールド)でできている

細かいことはよくわからんけど
多世界解釈とコペンハーゲン解釈のいいとこ取りって感じらしい

エロゲに例えると、ヒロイン個別ルートがアトラクタフィールドで、その中に出てくる細かい選択肢がそれぞれの世界線

しかし最後には必ず、トゥルールートに入ってグランドエンディングを迎える

せっかくだからダルは妹ルートのアトラクタフィールドを選ぶらしいwwww

鈴羽が言うには分岐点であれば違うアトラクタフィールドに干渉することも可能らしい
2000年や1991年にもものすごい大分岐が起きて、アトラクタフィールドレベルで枝分かれしたとか

それは凶真が寝込んでた年と別の世界線のジョン・タイターが来たときか

鈴羽によるとどっちも大きな事件があったとか
1991年はソ連崩壊、2000年は2000年問題らしい

そして2010年は、人類史上初のタイムマシン開発成功・・・!!


鈴羽がタイムトラベルを決意した理由
鈴羽の父親の遺書に書いてあることを読んだから→だから2010年のことに詳しい

父親はレジスタンス設立メンバーの一人で、タイムマシンも独自に研究していた

SERNがタイムマシン開発を知っている理由
一番最初にタイムマシンを使った時の、メールデータだろうって父親が予測してた

クリスが死んだというメール
思えばその翌日からもえかと接触していたと気づく凶真
できればそのままもえかのDメールについても思い出してもらいたい!
そんな余裕今はないか・・・

補足できた理由は、SERNがエシュロンというのを使って常に自分たち以外のタイムトラベル研究についてアンテナ張って監視しているから

SERNから逃れるためには、捕らえられた”最初のメールデータ”を、SERNのコンピュータから消去しなくてはいけない!

鈴羽がにらむところによると、IBN5100で構築されたデータの中にそれがあるらしい

だから、鈴羽の目的は1975年に行ってIBN5100を手にいれ凶真たちの手に渡るようにすることだったらしい

が、タイムマシンが壊れている・・・
どうやらこの前?の深夜に降った雨のせい、密閉されてるはずなのに水浸しになっていたマシンの中

マシンがビルに突っ込んでるのは座標計算に誤差があったから、割と不安定だとか

一番初めにビルに突っ込まずに現れたタイムマシンはなんだったんだ?
あれはメール送る前だよな・・・・?

雨は10日の朝、今は13日の14時、連続タイムリープは48時間

むり!

というわけで、せめて2日前に戻り鈴羽に同じ説明をしてもらい、タイムマシンを直すことに

作戦名を言わない理由が「遊びじゃないから」www
普段のは遊びだってわかってるんだもんなーw



8月11日 午後2時21分

鈴羽に会いラジ館へタイムマシンの確認をしに行く
そして同じようにみんなに説明をしてもらう

みんなでタイムマシンを確認しに行こうとしたらとめるまゆり
鈴羽のお父さん探しをしないと!って

まゆりはいい子やなぁ

2010年に秋葉原にいることだけはわかっているらしい

バレル・タイターを名乗っていた父親、本名は知らない
阿万音は母親の姓

手がかりはお父さんの形見であるピンバッジ

シュタゲ鈴羽がもってたバッジ


ということでまゆりにお父さん探しを任せ、みんなでタイムマシンの前に

ハッチは事前に指紋登録をしてある人間がハッチ部分に手を触れた時のみ反応して開閉する仕組み、それだけですげぇよw

ダルがちょっと触ってみたところ、電話レンジに似ているらしい

2日で直せというのを渋るダルに、フェイリスとの1日デート権でどうだと奮起させるww
鈴羽と秋葉原を周るが成果なし


8月12日、朝

世界線変動率(ダイバージェンス)メーターを鈴羽から見せられる
0.337187

元々鈴羽がいた2036年の世界線を0%とした相対的な数値

これを作ったのは11年後の岡部倫太郎

未来では凶真とも会ったことはないらしい、死んだのか?

メーターの数値が1%を超えた時、君はβ世界線にたどり着いたことになる

数値が変わったことに気づけるのも結局は主人公だけらしいので
凶真が譲り受けることに

その後、秋葉を散策するも手がかりがみつからないピンバッジ

露天の外国人に聞いてみることに

ヘイ、マスター。アイアムマッドサイエンティスト。ソークゥゥル。サノヴァヴィッチ!
wwwwアホやwwwwwwwwwwww

普通に日本語でおkやったw

ダメだったw

と、そんなところを見ていた鈴羽に声をかけられる
神田のほうに行っていたはずだが手がかりなし

未来では旅行なんて娯楽はなく、この時代に来て初めて外国人を見たらしい

と、空を見て進展のないことに自己嫌悪する凶真

そこで清清しい顔で、会えない運命だと言う鈴羽に八つ当たりしてしまう凶真

気をとり直してみるも夕方になっても進捗なし
鈴羽に未来の自分について聞いてみる

凶真もレジスタンスの設立メンバーの一人だった
2025年にSERNに殺される
ダルの話は知られていない

と、クリスからリフターについての質問
そっか、この時はまだそれ解決する前だったか

そんでテレビがリフターだってメールで送っちゃってるけど、これ大丈夫か?
監視されてんじゃなかったっけ


ダルに差し入れをもっていく

ダルと鈴羽はタイムマシンについて話しているのでまゆりと話すことに

重力うんたらかんたら装置の座標がちょっとでもずれるとタイムマシンごとゼリーマンになってぷるんぷるん化しちまうらしい、コワイネー

2人のりならいいのにね、って話やタイムマシンの名前について

まゆりが鈴羽に聞いたところ、FG204なんたらかんたららしいw

まゆりがタイムマシンをもっとよく見るといって離れた入れ違いに鈴羽が返ってくる

ダルは突貫工事とはいえ上手くすると明日には直せるかもって

すごいな、ダル・・・

ラボメンたちにすごく感謝しているという鈴羽
知らない土地、知らない時代、知らない平和の中で恐怖を感じ
でも、今自分を晒せる仲間に出会えて

凶真に怒られたことが、すごくビックリして、すごくショックだったけど、同時にすごく嬉しくなった

やけに感傷的な鈴羽に、凶真は過去を変えれば帰るべき未来も変わってしまうことに気づく

それから夜まで秋葉を周るがバッジについては進歩なし
ラボに戻ってみると知らない番号から電話が!

露天の外国人でしたー

何を言っているかよくわからないので露天へGO

話を聞いているとバッジを作りたいというやつが来たと、
そんでそいつの特徴は柔道、プロレスラーに近くて風船みたいだとw

警官の姿をみて逃げた店主・・・しょうがないねw


8月13日午後2時半 元の時間より20分ほど遅れて、タイプリープマシンが完成!

記憶とともに意識も過去へ跳ぶ、記憶は世界線間の情報伝達手段かもしれないという説もSERNの研究者から出ていたらしい(未来では)

世界構造を論じていたもののよくわからんねw

8月11日の16時へ

そこから露天を張り込むと・・・・ダル!!

どうやらピンバッジを作って”優しいウソ”ってやつをつくつもりだったらしい

そんで話を聞くと、タイムマシンは過去にしか跳べないと

なぜ、屋上であんな寂しそうな顔をしていたのか、その理由を知る

8月12日、黄昏の屋上
まゆりがまったく同じ会話

鈴羽がまったく同じ独白、思い出すダルの言葉

仲良くなってしまったことに後悔はないか、問いただす

明るい口調と表情で平気だという鈴羽

8月13日

タイムマシンが直り、みんなで見送る

タイムマシンにMTBをくくりつける鈴羽、それが原因じゃね・・・・?

鈴羽はバッジを凶真に渡そうとする、ラボの片隅にでも置いておいてって

と、ダルが同じデザインでラボみんながもってるといいんじゃない?という

だから、それは鈴羽が持って行けと


そこでまゆりからぱんぱかぱーん!重大発表?

ダルが鈴羽のお父さん!!

バッジのOSHM***A 7010 についても証明

タイムマシンオフ会のこと、未来の話題でダルのことが全然出てこないこと
タイムマシンの名前「FG204 2nd EDITION ver.2.31」のこと
何より、バレル・ダイターの名前のこと

Q.E.D

感動の再開、ちょっと泣きそうになるなど

これでこの世界線への未練はきれいさっぱり断ち切れたという鈴羽を思わず止めてしまう凶真

タイムマシンが時間跳するとき、紫外線光がすごいから直視しないほうがいいらしい

タイムマシンが出る直前、鈴羽からメールが
ありがとう:さようなら

ダルの決意、頑張るから鈴羽も頑張って

さて、あと1時間半ほどで襲撃がある
その前に35年前の鈴羽が入手したIBN5100を手に入れて過去の修正をしなくては

急いでラボに戻るが初老の婦人は見当たらない、ラボ内のダイバージェンスメーターの数値も変わっていない

ダルがどんな顔して会えば・・・なんていっていたらドアをノックする音

店長でしたー

鈴羽が数日前からバイトに来ないことを聞いてきたが、用事は凶真にらしい

橋田鈴名義で手紙、店長が前に世話になった人かららしい

10年前に亡くなったとか


2000年6月13日に書いた手紙、

失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した....

恐怖の大王が落ちてくるといわれていた日になって、鈴羽は自分が何者かを思い出した
それまでは記憶喪失、覚えていたのは名前だけ・・・

タイムマシンの修理が完璧じゃなかった、IBN5100は手に入らなかった

思い出さなければよかった。
思い出してよかった。

何が原因だったか1年考えた末、タイムマシンオフ会の時に引き止められずに跳躍していればタイムマシンは壊れずに跳べたのだと

ダルに八つ当たりしてしまう、クリスになだめられる

なぜ10年前に死んだのか、店長に問いただすと

自殺、首吊り、店長が第一発見者

死ぬ1週間前に2010年の今日になったら岡部倫太郎と言う青年に渡してくれと託されたものらしい

まゆりに支えられながらラボへ戻り思索にふける
どうしたらいい

1975年へと鈴羽を送らなければIBN5100が手に入らないこと
しかし、無事に鈴羽を送るためには鈴羽が仲間になれてよかったと言った2日間はなくなってしまうこと

迷いながらもDメールを作成し・・・・

ダメだ、送れない
とっさに48時間前にタイムリープ

8月11日
まゆりと鈴羽との思い出、どちらも大切にするには2日間を永遠に続ける
という逃げの選択をすることに

CG50%きたw

8月12日
みんなでサイクリングw

見つからないピンバッジ情報の気分転換として凶真が提案したらしい

鈴羽のタイムトラベルをできるだけ引き伸ばすことが一番の目的となっている

もう4週目の2日間を繰り返している時点

みんなの挙動を理解し、あえてみなが喜ぶ選択を楽しむ選択を

ビッグサイトに感動する鈴羽、ダルは母親とコミマで出会ったらしいww


きょうもたのしかった、あすもたのしいにちがいない


10周はゆうに超えたころ、応えが機械的になってきた

ふと、ダルがトラックに轢かれればいいと考えてしまった

誰も傷つけないために選んだ2日間のループのはずなのに・・・

その後も鈴羽を犯してしまえという感情に身をゆだねそうになる

どうか、平穏な明日でありますように


もう何百、何千週したかわからない頃

どうしてループさせているか自分でもわからなくなった頃

心が死んでいた、何を見ても何を聞いても何も感じなくなってしまった


余りな態度をとる凶真に対して、鈴羽が問い詰める
今日はいったい何度目の今日か、と

未来の人たちと同じ目をしているという鈴羽に

鈴羽が失敗することを言ってしまう凶真
まゆりも鈴羽も仲間だ、どちらも失うわけには行かない、と


それを聞いた鈴羽が、一緒に1975年へ行くかと提案する

このままループを続けても、凶真の心が死んだ時時間は動き出し
まゆりは予定通り死に、鈴羽は予定通り失敗する
きっとレジスタンスもできずに未来はディストピアのままだろう

こころはうごきだす


タイムマシンが成功し、みんなをメールでラボに集め鈴羽とともにタイムマシンに乗り込む

別れは、ラボに手紙を書いてきた

そして2人で、過去へ


鈴羽ルート終わりー!!

てか、あれ?ルート分岐の前に選択肢ってなかったっけ?
知らんうちに押しちゃってたかな?


まぁ、鈴羽かわいいよねーってことでw





つーことで、鈴羽ルート終わりました~!
あれ、選択肢なかったっけ?って思ったけど
メールを送るかどうかの「行動」での分岐だったことに気づいた!

なんといっても鈴羽ルートは凶真の心の死んでく様が痛いよね
いつのまにか死んでいく心

もしも自分がループに入って自分の意思でそれを続けるのであれば
やっぱり壊れちまうかもしれないって思うよね

麻痺していく感覚、味わいたくはないなあl


あとさ、やっぱタイムマシン壊れてたんかな?
MTBのせいか、調整しきれてなかったのか
まあどっちにしろ2人で遡行した世界ではうまくやれたと願いたいね


てな感じで、鈴羽ルートおーわりっ!


・シュタゲプレイ日記カテゴリ
・シュタゲプレイ日記15
・シュタゲプレイ日記17
このエントリーを含むはてなブックマーク←はてブに登録



トピックイットに投稿する  PixNewsへ投稿  この記事のリンクをtwitterに投稿する

Yahoo!ブックマークに登録

| シュタゲプレイ日記 | 13:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT


















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://194072.blog79.fc2.com/tb.php/517-714a000f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。