≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク←はてブに登録 Yahoo!ブックマークに登録

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昨日の話とクオリアの話 足して日本語の話

昨日書いた事

時間がたつと見え方が変わること


それを書いてて思ったんだけど
やっぱり、今時分が見ている光景は
どうやったって誰にも本当にまったく同じものは見てもらえないのかな、と


だってさ、今見てるものって
自分が今まで培ってきたものがあるから見れてると思うんだ

それはさ、もしもオレの神経を共有するなんてことができて
オレの眼球からの映像を、まったく同じ光景を他の人が見れたとしても

感じることって違うと思うんだ

受け手が感じる心によって景色は変わると思うんだ


そうなると、まったく同じ映像を見たとしても
まったく同じ映像が脳に認識されるとは思えない。


見終わった瞬間にその映像は記憶となるから


もうその時点で個々人の「その光景」は別物になってしまう


前にクオリアの話を書いたけど

やっぱり、自分が真に見えているものって
人も同じ様に見ているか証明するのってできないのかな~って



でも、だからこそ人間には言葉ができてくれたのかな

自分が見ていることを相手に伝えたいから
自分が感じている事を相手に伝えたいから

真に芯の部分は、まったくの同じ感覚は伝えられなのかもしれないけど
諦めずにちょっとでも同じものを共有したくて

だからこんなに言葉があるのかなって


日本語は難しいってよく言われるみたい

それはそれだけ日本人が相手に自分の心を伝えたいと思ってたからなのかな


私のことを知ってください
あなたのことをもっと知りたいです


それを伝えたくて、たくさん言葉を並べていたら
きっといくら言葉があっても足りなかったんじゃないかな




なんて、考えてたら
もっと言葉を使いたくなった
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク←はてブに登録 Yahoo!ブックマークに登録

| 雑談 | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

真夏のあの子わき毛の処理は~♪

電車で座っている時に半袖のおねーさんが目の前でつり革につかまるとわき毛処理しているかつい気になってしまうでおなじみまにです。女の人のわき毛嫌いじゃないです、別に好きでもないけど



記憶・感覚の抽出について

クオリアの問題でもあるように
他人の感覚を真に理解することはできない

もしもできたとしても、
本当にそれが正しいかどうかは
本人にしかわからない以上確かめられないし
他人に証明することも出来ない


まぁ簡単に言ってしまえば
自分が思い描いたイメージを他人に伝えたい時
言葉に変換しなくてはいけないのですね

さらに、言葉はその人により解釈がことなり
言葉を理解する能力もひとそれぞれなのだ

つまり、イメージを説明したとして
相手がわかったと言ったところで
本当に伝わっているか確かめるすべはないのである

言葉を絵にしてみても同じで、
自分の頭の中にあるイメージを
本当にそっくりとりだして絵にすることはできない
もしもできたとして、
その絵を見た人がそっくりそのまま
頭の中にそのイメージを保存してくれる保証はない



もっと簡単に言えば
自分が感じる痛みを
真に目の前にいる誰かに伝えたい時

あなたは寸分たがわずあなたの痛みを伝えられると思いますか?
ってことかな


もしも指に画鋲が刺さってしまった時

目の前の人に同じ痛みを説明したくて
同じように同じ場所に画鋲を刺したところで
その人が自分と同じ痛みを感じているかは わからないよね



特別痛みに強い人もいる
知覚が鋭くてめちゃくちゃ痛がる人もいる
痛くなくても痛いと騒ぐ人もいる
どんなに痛くても笑って我慢する人もいる
麻酔を打って痛さを感じないこともある

目の前にいる人のことですら
オレらは真に感覚を共有することはできない



だからさ、時々思ってしまうのが
頭のなかの感覚・イメージを形にして
そのまま相手に渡せたらいいのに、なんてこと

でもね、もしも科学が発達してそれができるようになったとしても
ちょっとこわいなーなんて思ってしまった


だってさ、それができるってことは
もうコンピュータと同じだよね

自分の記憶や感覚を
伝えたくない人にまで見られるのはイヤだな

自分の醜い感情を
親しい人に知られるのはイヤだな



ま、実現可能か倫理的にどうかは別としてね



そう考えた時
結局オレらは自分が伝えられることで伝えるしかないんだなーって思った

言葉でもいい
音楽でもいい
絵でもいい
ダンスだっていい


人に自分の気持ちをわかってほしければ
自分が持ちうる”伝える方法”で
精一杯伝わるように努力するしかないんよね

どうやったら相手にわかってもらえるか
どうしたら相手の心に自分の心が重なるか



目の前にいるアンタのことを知りたければ

聞いたっていい
触ったっていい
嗅いだっていい
見たっていい
舐められるなら舐めたっていい

五感・六感を使えるだけ使って感じなくちゃいけない
なるべく小さなことでも見逃さないように

そうして、どんな気持ちなんだろうって
何を考えているんだろうって
想像しなくちゃいけないんだよね


はー、まったく難しいな



でもさ、そうやって全身全霊を注いだって
まだ完全になんて理解できやしないんだよね

だからこそ、いいのかな


わからないから近寄りたくなる
もっと知りたくなる
もっと一生懸命目の前の人を感じたくなる


だからオレは、おしゃべりが好きなんだろう
もっといろいろな人と関われるといいな







あ、目の前のおねーさんがわき毛処理してるかどうか気になるのもそーいうことか!


このエントリーを含むはてなブックマーク←はてブに登録 Yahoo!ブックマークに登録

| 雑談 | 02:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。